MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月のてらーと第2弾

今日は8月の2回目のてらーと。
プログラムは前回と同様の花火。

体験で初めて参加してくれた子が3人いたのだけど、それぞれ既に来てくれている子の友達なので、多少の緊張感とお母さんがそばにいないと不安な子もいたけれど、制作が進むにつれ私への警戒心も忘れてきて、思いきり制作モードへ。



今回は映像は本の触りだけで見せ、純粋に音から入ってもらった。
最初は戸惑う子もいたけれど、手で描いたりスチールたわしなどで描いて見せていくと、最初に筆を持っていても手やたわしで積極的に描く、描く。
ドライヤーで乾かしたりが何度かあったため、その間が待ってもらうことになり途切れ気味になる部分が気になるところだけれど、作業的にならずにできるだけ子供達と関わり合うことができたように思う。

とても静かな花火の情景だったり、溢れんばかりの音と爆発を感じるもの、色とりどりの華がリズミカルに飛び散るもの、アングルを斜めに見ているような時間の経過も見ているようなもの、打ち上がる瞬間から開き切るまでを追ったようなもの、深い色合いに柳のように散っている火花が素敵なものなど、子供達の完成はどこまでも自由。
始めての子は手で描くのは躊躇しがちなんだけど、何度か経験している子は手が汚れることなんて気にも止めずむしろ自分の手をペインティングしたりして、すごく楽しそう。
こんな風に思いきりやりたいことをできる場所で在りたい。

今回も子供達の感性に刺激されるセッションだった。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。