MENU

9月のてらーと

紅葉が始まり出したここ富士見町ですが、今週末は陽射しの暖かな晴天の日で、行楽日和でしたね。
御嶽山は心配ですが、山また山の地点で見ることはできないのでした。

今月は「石のアナログ画」でした。
境内にある石をひとつだけ選び、そこへアクリル絵具で抽象表現です。
14日と27日に分かれて制作。

石選びも子供によって早かったり、大きさにこだわったりしながら選べたら水洗いし、石に尋ねながら描画していきます。

境内にあったただの石ころがそれぞれ宝石に変身しました~。


重ねられて混ざり合い、出来上がる色は宇宙の始まりのようで、混沌とし生まれた星のように魅力的なものになり、夢中で色を重ねる子供たちの表情を見るにつけ、幸せな時間を共有させてもらえていることが嬉しい。

来月はサツマイモを描くので、自分のとこで作っている子には、掘り出して持ってきてもらうことにした。
自ら育て掘って収穫したものはきっと思い入れもひとしおだろう。
次回も楽しみです。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR