MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月のてらーと 2

今月はインフルエンザなどの影響で後半にずれ込んで実施となり、20日と22日にも行ったのだった。
講座内容は「お面」だったのだけれど、節分から離れてしまうと鬼を余り意識せずに進めていく。

20日の4人は最初に見せた色んなお面の画像に興味津々。
粘土と布とを動かすのに苦闘しつつ、私自身も色んな発見もあった。



22日の5人はじっくり取り組みながら、それぞれに表情豊かな作品となった。
この日で3回目となる姉弟の様子も私自身何となく掴めてきたことで、彼らのしたいことや不安、始まりから終わりまでの中で発せられる言葉や表情を今までよりは汲み取れた気がした。




粘土などの立体造形系は私が余り得意ではない。
だからこそ必死にもなる。
なんとかしてやりたいとも強く思う。
毎回、考えさせられることは多くある。
それを生かしていくためにも、私自身が試行錯誤を繰り返すしかない。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。