MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンタルヘルス

今日は松本の松本工業高校で、松本塩尻地区の養護教諭対象の研修会があり、そこでセッションをしてきました。

昨年の「たのしの森」で、たまたま"てらーと"のワークショップを体験していただいた方が、松本工業高校の養護教諭をされていて、この研修で先生方に体験してもらうことを提案してくださったのだった。

制作の前に臨床美術について話してから、「線と色の抽象画」を体験していただいたのだが、はっきり言って話し下手な私の場合、しかも先生方を前に上手く説明していけるかと、かなり緊張したけれど、場の雰囲気が思ったより硬くなく、何とか声も震えずに済んだ。

制作に入ると私自身ひと山越えた感があって、やっと楽になった。
全部で12人。
先生方は絵を描くなんて久しぶりという声も聞こえ、おまけに参考作品を忘れて、事前にこんなんですとお知らせはしておいたけれど、どんなことするの?という不安感を持ちながらの制作。

しかし、始まってみると皆さん手が止まらない。
不安なんて全く感じないほど描き進めていく。
仕立ての色の額縁を選ぶ頃には、かなり真剣度が増していたのだった。

並べて鑑賞会では、一気に全員の作品が並ぶと、それぞれの違いや良さを本当に実感でき、先生方の笑顔が見られたのも、久々に私自身ホッとした。

fc2blog_201502261704327be.jpg

先生方は色々と抱えたりすることも多いだろう。
まして養護教諭だと余計に傾聴してストレスもあるだろう。
そんな方々のほんの少しでも気晴らしになれたなら嬉しい。

そんな素晴らしい機会をくださったM先生、ありがとうございました。

関連記事
CATEGORY:過去の講座
TAGS:
THEME:アート | GENRE:学問・文化・芸術

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。