MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワークッショップ

3月7日(土)は岡谷市のララ岡谷で、スワいちのイベントの1つである「お宝いち」改め「ほっこり村」にてワークッショップを行った。
内容は「香りのアナログ画~chinnamon&vanilla~」で、オイルパステルでシナモンとヴァニラの香りを表現するもの。
昨年の「たのしの森」と同じく体験料はワンコインの500円。
ハガキサイズのIKEAのフレームに入れてお渡しの結構満足いくバージョンなんですが。




始まってみると物販のないワークッショップは中々人は素通り。
知り合いの方が話に来てくれて桜になってもらえたお陰で、その後ボチボチと人が来始め、夕方4時までにはうちの娘の体験分も入れると10人。
人数は決して多くないけれど、全くゼロかと思っていた分、嬉しい誤算。
しかもたのしの森で体験した子(年長さん)がまた来てくれたことはとても嬉しかった。


これはたまたま知り合いが体験してくれていた時に撮ってもらえたのだった。

ただ、携帯を忘れて、体験者の作品をほとんど残せなかったことが悔やまれる。
午後3時頃になって主人と娘が携帯を持ってきてくれたので、とりあえず場所などの雰囲気は取れたものの、その後の体験者はなく、私自身は娘のものしか撮れなかった。
手作りの新聞バッグに入れてお渡しは、結構アイデアだと思ったが、反応は普通…。




ワークッショップもこれからは人が来てくれるための工夫はこれから必要だし、目新しい内容だときっと来てくれるのだろうが、そうなると時間で区切ったり、水が必要だったりと問題は出てくるだろうし。
このイベントは500円で1枚抽選券を渡し、当たれば景品がもらえるのだけど、その景品としてオイルパステルとスケッチブックとマスキングテープをセットにした物を2点出させてもらったのだが、その中にオイルパステル・レシピとして使い方の1例を書いたものを入れておいたから、全く体験したことがなくても、とりあえずは作品作りに挑戦してもらえるようにしたのだけど。
誰に当たっているのかは判らないから、反応も不明だけど、こういった物販もありかなと思っている。

色々と思うことはあっても笑顔で帰っていく様子を見ると、やって良かったなと思う。
作品に対して私なりに感じたままを伝えると、皆一様に喜んでくれる。
そうなんだ。
臨床美術の良さって鑑賞会にもあるってことを忘れてはいけない。
セラピーを目的にしてはいないけれど、気がつけば参加者も私も笑顔で満たされる。

やっぱり、いいなぁ。
臨床美術に限らず、アートは心に火を灯してくれるなぁ。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。