MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月のてらーと Part1

3月のてらーとは、いつも教えを請うているアトリエで昨年行ったプログラムのアレンジバージョン。
「春を感じて」と題して、未だ所々に雪が残る地域なだけに春を待ちわびる感覚も強いかもと期待しつつ、黒いフェルトボードに原毛で表現する。

子供達はふわふわの感触に興味津々だ。
来るなり触ったり、揉んだり、どんなことをするのか期待しはMAX。

春になると見えてくるものや色を挙げてもらい、桜だったり、草だったり、福寿草とか。
微妙な色の違う原毛を思い思いに手に取り、毛糸なども用意して、すごい集中力であっという間に仕上げていく子、出来た!と言ってから暫くするとまた足していたりと、気持ちがどんどん動いているのが判る。



圧倒的な塊で重ねる子

何十本もの色の線が折り重なるように画面の黒が見えない所までいく子

毛糸の線で面を作り、桜を咲かせたりする子

線で区切られた形に目がいき、面白い形がたくさん現れる子

線の動きを塊に合わせるハーモニーを醸し出す子

雪だるまやリボンが隠れている子

くるくると渦を巻いている部分が魅力的な子

子供達の素材から触発されて動いていく心の様子が見ていてとても楽しい。
制作が済めば、あり合わせのお菓子と飲み物に夢中になっていたりするところもホッとする。

さてさて、今月2回目の講座は22日。
4人に子達はどんな春を感じてくれるだろうか。
関連記事
CATEGORY:過去の講座
TAGS:
THEME:art・芸術・美術 | GENRE:学問・文化・芸術

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。