MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の講座

4月の講座は「石膏と原毛による春のレリーフ」でした。

原毛は3月に引き続き使用したので、子供たちは「また⁈」的な感じでしたが石膏が加わると別な楽しみに。

金曜クラスでは吊るしてもいいように両面に原毛をつけ、石膏も足したりしたのでかなりしっかりとした厚みがある作品となりました。
水彩絵の具も使いたい人だけにしてみました。




それぞれの作品の反対側はこんな感じ。



日曜クラスは原毛の色数が少ない中、前回よりもガイドとなる紙の大きさを細長にしてみたけれど、子供の意識は幅なんて意識せず原毛の厚みを楽しんだり、クルクルと巻いた状態で置いてみたりと私の想像を軽く越えていく。
石膏をどう流すかに私自身悩むところで、石膏のタイミングも全然足りない状態で作っては流しの繰り返し。
絵の具も使わなかったのだけれど、時間的に余裕があれば使うかどうかの判断をしてもらっても良かった。
今回も学ぶポイントが満載の講座となったのでした。




もう1度全ての工程を理解した上で、更に違う素材も加えて挑戦してみたい素材ありきのプログラムでした。
何よりも私が慌てないことかなぁf^_^;)

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。