MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月の写経会

8月もお盆を過ぎた途端に秋風が吹き始める富士見高原の地は、夜ともなれば虫の声も涼やかさを増して、半袖は厳しいかなと感じるようになるのです。
今宵もそんな中で本堂では静かに写経をされている方が4人ほど。
いつもなら7、8人はいらっしゃるのですが、夏とお盆の後でお疲れの方も多いのかもしれません。

今月のお茶菓子は枝豆プリンとほぼ1/4サイズのメロン、お漬物には塩麹レモンで漬けたキュウリとナスの浅漬けです。



その日の気分に合わせてお香もリスンのアソートの中から水色のものを直感的に選んでみました。
音楽も虫の声を邪魔しないビル・エヴァンストリオの「I will say goodbye」を流しながら、お茶を飲んで帰っていただきます。
人知れずこんなことをしている山寺があるんです。

窓を開けて夜を楽しめるのも今月まで。
来月の写経(21日)にはストーブを着けようか迷うところ。
はてさて、来月は何人の方がお越しになるでしょう。




関連記事

COMMENT

No title

素敵な時間ですね。お茶菓子も美味しそうでセンスが光ります。埼玉から私も写経に参加してみたくなりました。9月にはもうストーブなのですね・・・。

Re: No title

おおおお、コメントに気づかず、すみません(T . T)
夜の写経は中々乙ですよ。
これからの時期はかなり寒さとの闘いになりますが^_^

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。