MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月のてらーと 1

4月は私の体調不良(久々の発熱と下痢)によってお休みとさせていただいていたので、久しぶりな子は3か月ぶりとなる子もいましたが、5月は「立体制作~たけのこ~」です。
孟宗竹はもう時期的に遅いので、この時期に出てくる淡竹を新聞紙で制作していきます。

土曜クラスは2人の姉弟で、互いに協力したり中のいい普段の様子も見え隠れしながら制作。
弟君は「筍に生えるきのこも作る!」の意気込みもよろしく、魅力的な形の擬人化筍ときのこが出来上がりました。
お姉ちゃんの方は太さを十分感じさせる作品。
目の前にある筍をそっくりに作る必要なんて何にもない。
筍から感じたもの、作りたいもの、思い浮かんだものを形にしていくことで、自分が楽しくなれるそれが一番。


たけのこ土曜



日曜クラスは5人。
それぞれに形作って、和紙だけでなく新聞紙の色広告の部分を切りとって貼ってみたりして、文字も絵も柄として表現。
ちょうど御柱の年だったので、写真も貼り付けて皮になりました。
子どもたちのチョイスに脱帽もののワクワク作品となりました。

さて27日が金曜クラス。
どんな筍になるでしょう。

たけのこ日曜
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。