MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の写経会

3月の写経会に出した茶菓子。
お彼岸中ということもあり、諏訪市湖南にある「梅月」さんのずんだ餅といちご入り牛乳寒天、カブと枝豆、大葉の浅漬けでした。

fc2blog_20160525121204712.jpg


こちらは4月の写経会の茶菓子です。
バナナケーキとキャラメルソースの渦巻きパイ、いちごとキュウイ添え、大根と菜の花の塩麹レモンの浅漬けでした。

fc2blog_20160525125730613.jpg


いつも写経の後にお出しする茶菓子は、できる限り手作りのものを入れながらその日にあるものなどから考えています。
うちの写経は予約制ではないのでその月に何人来てくれるのか定かでなく、常連さんの人数プラスαで多少余ってもいいように作っています。
前月とかぶらないように考えるのは、意外とレパートリーのない私にとって悩みの種。
また手早く簡単にとなるとパターンが決まってきて、クックパッドを見ながらインスピレーションの湧いたものに決めています。
ほぼその日の気分で考えるので作ったことのないものもあり、美味しいかどうかはいつも疑問。
残さずに帰られる皆さんの心の温かさと広さにかなり救われている状態です。(とほほ・・・)





関連記事
CATEGORY:山寺の日々
TAGS:
THEME:神社・仏閣 | GENRE:地域情報

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。