MENU

6月の写経

毎月21日はうちの寺の写経の日です。
6月の写経の茶菓子です。

夜7時半からなので、少し肌寒い感じになるのでどうかとも思ったんですが
今夜は「水信玄餅」でした。
山梨の白州近くにある和菓子屋「金精軒」に土日限定でしか食べられないのが水信玄餅。
30分以上たつと形状が保てなかったり、味が落ちるということで持ち帰りなしのその場でしかいただけない代物です。
それを家でも簡単に作れるバージョンが、クックパッドには山ほどあり、
餅といってもアガーで作ってあるので、ゼリーみたいなもんです。
きなこも大豆だけでなくゴマとアーモンドが混ざったタイプのもの。
アメリカンチェリーとセロリの漬物に、青梅のコンポートを添えて。

fc2blog.2016062123171106f._jpg >

青梅は下諏訪のNさんとおうちの梅をいただいたので、コンポートにしようと思いたつ。
けれど沸騰厳禁なのに、他の梅の処理をしていたらやっちゃいました。
表面の皮がむけてきて、完全なる失敗ですがジャムにするのは余りに勿体ないほどの大きさで、
そのまま続けて作ったけれど、味は問題なし。

梅もこの季節にしか出ないものだからこそ、時期のものをいただきたい。
写経もうちはカード制で21回で2枚目3枚目と移っていく。
今来てくださっている人たちは4枚目という方が何人かいて、3枚目の方がほとんど。
4枚に行くということは63回を経ないといけないわけで、そうすると5年以上通わないといけないことになる。
継続するというのは本当にすごい。
本当にありがたいことだ。

来月から筆ペンではなくちゃんとした筆で書いてみようかということになった。
墨は時間的なこともあって流石に墨汁だけど。
ちょっと雰囲気が変わるかもしれない。
楽しみ。
関連記事
CATEGORY:山寺の日々

THEME:地域情報 | GENRE:地域情報

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR