MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RUN伴

9月に認知症フレンドシップクラブによって「RUN伴」イベントが長野県内で開催されます。
その内25日には松本からたすきを引き継いで、下諏訪町から岡谷市までおよそ9キロをリレーで走ります。
NPO法人「認知症フレンドシップクラブ」は、全国の町を、認知症になっても安心して暮らせる町にしようと活動している団体。
「できないこと」をサポートするのではなく、「やりたいこと」をサポートする人や場所を作り、一人一人の小さなサポートをつなげて、
大きな支えになるような町をつくっていこうというもの。

その中の一つにRUN伴があります。
RUN伴 “ランとも”はRUN TOMO-RROW。
認知症の人や家族の思いを知ってもらい、多くの人が関わっていける地域づくりを目指し、認知症の人と家族、支援者たちで1つの襷をつなぎ走るイベントです。
フレンドシップクラブの諏訪事務局が立ち上がり、地域の医療機関・介護施設・企業などが協力して実施していきます。
長野県内は長野ブロックとして
9月23日(金) 須坂〜千曲〜安曇野
9月24日(土) 安曇野〜松本〜諏訪
9月25日(日) 諏訪〜飯田〜名古屋
と襷をつないでいきます。
諏訪地域のゴールは岡谷市区所で、ゴールイベントとして色んなブースが出ます。
私も臨床美術のワークショップを体験できるブースを考えています。

諏訪は下諏訪町から岡谷市役所までのおよそ6~9キロを担当していき、私はサポーターチームとしてエントリーしています。
一般の方でも3名以上1組でチームを作り、エントリー代を支払って参加することができます。
エントリー代は大会運営の資金となります。
RUN伴に賛同される方、いらっしゃいましたら是非ご参加いただければと思います。

長野ブロックはエントリー締め切りが8月10日です。
認知症フレンドシップって何?
RUN伴って何?
と興味が湧いた方は是非、下記のリンクへ飛んでみて下さい。


「認知症フレンドシップクラブについて」
「RUN伴とは」

関連記事
CATEGORY:日々是臨床美術士

THEME:地域情報 | GENRE:地域情報

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。