MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のお寺開放

明日、8月1日から20日までうちの寺では「夏のお寺開放」をします。

お寺っていつも開放されてるんじゃないの?

思いますよね。
開放されてるんですが、中々皆さん敷居が高いところと思いがち。
玄関や広間には入ったことがあるけれど、本堂までは何か行事や用事がないと入れない。
そう思ってませんか?

お寺は、普段これといって用事などなくとも来てもいいところ。
悩みがあってもなくても、お寺の人と話をしてみたい。
お寺の静寂とした空間を感じたい。

そんな想いを解消していただくべく、この標高1150Mの場所にある小さな山寺を自由に過ごすオープンスペースとして期間限定で開放することにしました。
お檀家さんも意外と知らないことではありますが、本堂は実は夏だからこそ味わえる清涼な場所なのです。
今まではお寺の者しか味わえなかったこの時期の気持ちよさを、是非皆さんにも味わっていただこうと思ったのです。

本堂では竹林側のスペースで読書するのも良し
こっそり午睡を楽しむも良し
何もせず寛ぐのも良し

そして、広間はおしゃべり広場。
住職や寺庭(寺の奥さん)はもちろん、来られた方とおしゃべりを楽しむこともできます。
簡単なお茶接待もします。

自分で飲み物やお弁当を持ってきていただいても結構です。
朝9時から夕方6時までの間ならば、お好きな時間に来ていつまでいても構いません。

そして期間中、写経、念珠づくり、クリニカルアート体験が事前に予約をいただければ体験していただくことも可能です。
興味のある方はこの機会に是非体験してみて下さい。

夏のお寺開放






関連記事
CATEGORY:山寺の日々
TAGS:
THEME:神社・仏閣 | GENRE:地域情報

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。