MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆の精霊棚

もうすぐお盆です。
店先でもお盆用品などが目に付くようになりました。

私達がこのお寺に来て10年ですが、初めてお寺で新盆の法要をしました。
その時にお盆棚を作り、お供え物などお施主さん方が作って持ってきました。
これぞ、お盆の精霊棚って感じで美しいとさえ思いました。

fc2blog_20160808113137cff.jpg


真菰などを敷いた机に仏花に灯明、お位牌、香炉。
お供えの野菜や果物。
水の子はきゅうりとなすをさいの目に刻んだものに洗い米を混ぜた鉢と水を張った鉢を用意し、
水の鉢の水をミソハギに含ませてきゅうりなどの入った鉢に注ぐ。
早く帰ってくるようにきゅうりの馬とゆっくり帰れるように茄子の牛。
その他に提灯代わりにホオズキなどもお供えしたりする。

それぞれの部屋の事情でこのようにしつらえることが適わないおうちもありますが、
失くしたくない夏の風物詩のひとつだと感じるのです。

関連記事
CATEGORY:山寺の日々
TAGS:
THEME:神社・仏閣 | GENRE:地域情報
プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。