MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床美術体験

ご近所の方で保育士をされている方がおり、前から臨床美術を体験してみたいとおっしゃっていましたが、中々機会も作れずにいたんですが、今回のお開放でお盆中にもかかわらず体験しに来ていただけました。


開放用に用意したのが「マイタンブラーづくり」。
オイルパステルで,スクラッチを楽しんだり、色を混ぜたり、特別に何かを描かない抽象表現に挑戦していただきました。

fc2blog_201608201539314c0.jpg


fc2blog_20160820153959d4f.jpg


普段の保育園で描く絵とは違い、何かを見てとか体験したことを絵にするのとは違い、あえて何も考えず、その都度画面を見てこうしようと思う気持ちに素直に従ってもらう。
最初こそおっかなびっくりという感じだったのが、色んなことを発見し、していきながら楽しいと感じてもらえたようでした。

普段、めいっぱい子ども達やその親と触れ合いながら、自分の子供や家族との生活をこなしているよほど大変な毎日の中で、それでも子供たちのために頑張れる方だから、アートが子供の成長にどうかかわり、変化していくかの話など、興味をもって聞いていただけたような気がする。

いつか、色んな保育園で臨床美術としてだけでなく、アートが子供の成長に欠かせないものとして、重要視されていけばいいなぁ。
関連記事
CATEGORY:山寺の日々
TAGS:
THEME:art・芸術・美術 | GENRE:学問・文化・芸術

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。