MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月のてらーと「りんごの和紙画」

3月のてらーとは「りんごの和紙画」でした。
ちぎり絵とは違う、薄い典具帖和紙を重ねて色を作りながら制作するもの。

今年のふじなどの日本のリンゴはイマイチ硬さがなく、信州では柔らかくなったりんごを「ぼける」と言い表すが、ぼけ気味なものが多く、最近見つけたアメリカからの輸入リンゴ「ガラ」は歯ごたえも良く、色味も形も昔のリンゴのようで、今回の和紙画にはこのりんごを採用。

fc2blog_20170325110944731.jpg

そして、春休みで卒業していった子達がいなくなったこともあり、金曜クラスの子達を土曜クラスに移動してもらい、日曜クラスには新たに4歳と8歳の子が体験してくれました。

fc2blog_20170325110948b3d.jpg

写真を撮った時はまだ糊が乾ききっていないので、色も少し暗めだけれど、重なってできた色の美しさ透明感のある淡さや、重厚さが魅力的。

fc2blog_201703261429586c1.jpg

プログラムでは色紙は四角のものを片側に切れ目を入れて屏風仕立てにするのだけど、たまたま見つけた丸い色紙で鳥のこがあったので、今回は仕立てないタイプで制作してもらったけれど、これもこれでいいもんですな。

関連記事
CATEGORY:過去の講座
TAGS:
THEME:地域情報 | GENRE:地域情報

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。