MENU

よすが会4回目

よすが会の4回目は「味噌ソムリエ直伝!おいしい味噌仕込み」だった。
前回の3回目にみそまる作りをした時に、味噌仕込みをしたいという意見を何人かにいただき、それならばしてしまおうと、みそまる作りで講師をしてもらった味噌ソムリエの愛ちゃんにお願いして速攻で実現。

安心安全な手作りみそを作りたいと思っている人は意外と多い。
今回の定員は15名だったが、今回も定員を上回る申し込みでお断りした方も何人かいた。

fc2blog_2017041816555208b.jpg

圧力鍋で煮た大豆と塩と麹。
これで2キロのお味噌ができあがる。

fc2blog_201704181655577d1.jpg

メモを取ったりしながら、講師の愛ちゃんの話を聞く。
時折質問も出て、お味噌への関心の高さをうかがえる。

fc2blog_20170418165601816.jpg

塩と麹を混ぜ合わせる。

fc2blog_2017041816560685f.jpg

大豆を手やマッシャーで潰す。
滑らかになるまで細かく潰していくが、手にあるその人なりの持つ菌のおかげで、同じ原料でもそれぞれに違う味となるからこそ、手前みそと謂れる所以。

fc2blog_201704181656109a0.jpg

空気を抜きながら味噌団子を作っていく。
このあたりから皆の笑顔と会話が弾む。

fc2blog_20170418165614d1b.jpg

団子を容器に隙間なく詰めていく。

fc2blog_20170418165622b67.jpg

fc2blog_201704181701478be.jpg

味噌玉を容器に詰めていき、容器のふちをアルコールで拭き、ペーパーで落し蓋をしたら、ラップをかけて蓋をする。
これで8月下旬まで熟成させていく。
美味しいものはすぐにはできないものだ。

味噌の仕込みが終わった後は、前回のみそまるを皆でいただいた。
今回のみそ丸は私が作ったのだが、最中の皮に入った即席みそ汁にヒントを得て、リンゴの形の最中の皮に詰めてみた。
お湯を注いでいただくと、中から星形の麩、切り干し大根やアオサ、わかめ、寒天などが出てきて、お出汁は昆布と鰹節の粉、煮干を鰹節のようにスライスしたものを使い、とどめは粉末コラーゲンで女性にうれしい一杯としたのだった。
最中の皮の香ばしさも加わって見た目もお味もgoodなものになった。

fc2blog_201704181701518da.jpg

茶菓子はシャンパンの琥珀糖とチョコがけ芋けんぴで、水出し煎茶と一緒に食したのだった。

fc2blog_20170418170155daa.jpg

そしておみやげに、最中の皮ではないバージョンのみそまるを1つ持ち帰っていただいた。
皆さん、思ったより早く終わり、達成感と共に、プロの作った美味しい味噌も購入でき、大喜びで帰っていきました。

今回も盛況に終わり、出来上がる味噌を楽しみにしながら笑顔がほころぶ会となり、私も心底うれしい!
またみそまるも作りたいという声もちらほら。
しばらくは味噌を使った講座企画してもいいかも(笑)

ご参加いただいた皆様、講師の愛ちゃん、本当にありがとうございました!
次回は22日のお花見写経の会。
桜はいまだ咲いていないので、お花見にはならないだろうけど、花より団子で企画します。
お楽しみに。
関連記事
CATEGORY:山寺の日々
TAGS:
THEME:神社・仏閣 | GENRE:地域情報

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR