MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よすが会第5回目「お花見写経会」

5回目となるよすが会。
今回は「お花見写経会」ということだったが、あいにく今年の桜はほとんど開花せず。
微妙に1,2個咲いているものもあるけれど、ほぼ枯れ木状態。
去年は今頃満開だったのに、開花は本当に読めない。
fc2blog_201705041450187d6.jpg

おまけに、葬儀で住職が始まりの時間には不在で、いなければ私がするしかないと説明を始めたところでぎりぎり間に合うというオチがついている。

参加者は7人。
その内、塗香の時にも参加して下さった方がひとり。
小学5年生もひとり。
自分で作ったマイ塗香を持ってきて、塗香の作法の際に使用してもらった。
そして三礼はそれぞれご本尊の前に行っていただき、してもらった。

fc2blog_2017050414502104a.jpg fc2blog_20170504145026833.jpg

今回から写経は椅子席となり、正座が苦にならない方は通常の正座と選んでいただいた。

fc2blog_20170504145029e99.jpg

fc2blog_201705041450322f1.jpg

そして終わった人から広間に来てもらい、お茶をしてもらった。
今回はお抹茶と、桜の花入り白あんを入れた錦玉、筍とこごみ、菜の花の浅漬け、最中の皮の中にはブルーベリーと塩の金平糖、桜の形のあられ、白樺の実(チョコ)などの盛り合わせ。

fc2blog_201705041450349e1.jpg

筆ペンと通常の写経筆と用意していたが、皆が筆ペンで書き、小学5年の子にはサインペンでしてもらった。
もしも時間的に書ききれなかったら家に持ち帰ってもいいということにしていたが、大人とさほど変わらないペースで書き上げることができ、全体的に皆さんペースが早かった。

普段は夜に行っている写経だが、昼間にも定期的にできるといいな。
写経は脳の活性化にもなるようだし、集中できる時間が取れると気持ちもすっきりするもの。
遍路や巡礼の際にも本来は写経を納めて、その証明としていただく御朱印。
御朱印集めも本来の意味を知らずにスタンプ集めのように捉えている人も多いだろう。
できるだけ、写経などをしておいて、お参りの際には持っていきたいものだ。
だからこそ、多くの方に経験してもらいたい。
関連記事
CATEGORY:山寺の日々
TAGS:
THEME:神社・仏閣 | GENRE:地域情報

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。