MENU

2月のてらーと

今頃になってしまいましたが、2月のてらーと無事終了です。

相変わらず参加者は1名ですが、今回はうちの娘にも参加してもらい、私含め3人のセッションです。
2月のプログラムは「するめ」です。
シナベニヤのボードにするめを和紙と墨、それと着色になんとしょうゆを使いました。

するめとしょうゆの香りが充満する部屋の中で、
参加者のRちゃんは未だするめを見たことがなく、また食べたこともないということで、
(まあ園児がするめ大好物なんてのはうちの娘な位でしょうが)
興味もありましたが、独特の匂いに一抹の不安を抱えながら見せていくと”へえー”てな感じ。

未晒の和紙をちぎりながら、しわを気にせず貼っていき、着色。
うちの娘(中3)よりも手先の器用なRちゃんは、するめの形を上手く捉えていい具合に貼っていけるのです。


surume1.jpg
surume2.jpg


左側の画像はまだ半乾きの状態なので色が濃いですが、これが乾ききると和紙の白さが戻ってきてまた、しわの具合もより強調されてくるので、面白い作品です。
お醤油の濃さも匂い同様かなり薄くなるのです。
(乾いた方の右の作品にはRちゃんのものはないので、自宅でどう変化しているかは来月のお楽しみ)

お酒を飲む親か、海が近くにあるかでもかなりするめに対して知識を持っているかは異なりますが、こんな題材でも面白く楽しめてしまうという。臨床美術ならではのプログラムでした。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR