MENU

24年最後のてらーと

24年最後のてらーとは
来年の年賀状づくりでした。
コラグラフプリントによる年賀状です。

布やプチプチなどの緩衝材や、麻ひもや糸、アルミホイルなどの家の中のあるものを貼り付けて、絵の具をのせてプリントしますます。
絵の具の色を変えて乗せたり、プリントするる位置を変えてみたりできるので、毎回同じものにならないのが面白いところです。

絵の具の量をしっかりと伝えることができなかったため、貼り付けたものの形が潰れてしまったりと惜しい部分はありましたが、家でもできることを伝え、練習にはなったかな。
表も汚れてしまったりしましたが、その辺はご愛嬌で

また、2年間通ってきてくれているRちゃんが夏に「花と緑のある絵コンテスト」で入賞し、100年間保存されることになった絵の展覧会があるので、併せてご報告。

実は私も小学校の頃に選ばれたことがあり、作品は返らないと言われたようです。
私の頃には保存されていなかったので、親も当時NBSテレビの紹介画面でしか見たことがなく、私もどんな絵だったのか記憶に乏しく、確認できないのが残念。
展覧会の詳細は下記にて。

http://www.shinkyo.or.jp/11hakubutsu/
25hana.pdf

こんな風に続けていくことで、思いがけない嬉しいお知らせもあり、他の子達もそれぞれに持つ感性を少しでも花開かせていくお手伝いができることを楽しみに、これからも面白いことや楽しいことを提供していきたいと思います。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR