MENU

1月のてらーと

今年初めてのてらーとは、「描き初め」でした。
かなり寒い中、子供たちは意外と薄着でやってきました。
さすが(≧∇≦)

今年は子供たちと思い切り楽しむことを目標に、具体的な物を描くのではなく、画材や線、色などから制作するプログラムで行こうと目論んでおります。
そこで、アクリル絵具による筆ではないもので描く、描き初めです。
お好み焼きのコテで線やら絵具のコネコネを自由にやってみようと。
仕立ては画用紙で裏打ち状態にしています。
黒の作品はコテに慣れてもらうための練習ですが、意外と黒のみがカッコイイ。



子供達の不思議そうな、やっていいのか、もっと弾けたいのか、自分でもどうしようといった心の動きが面白い。
こういった作品を重ねていくことで、自分のどうしたいが徐々に出せるようになってくる気がする。
今年1年が実に楽しみです。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

ゆっけ

Author:ゆっけ
脳が目覚めるアート塾 アート寺ピー処 「てらーと~TERART~」の代表:池田 有希枝です。

日本臨床美術協会認定 脳が目覚めるアート塾講師
臨床美術士3級
諏訪市の臨床美術士集団「SUWART(スワート)」会員

ここは、臨床美術を体験できる寺です。
静かな山寺で過ごすアートな時間。
美術の苦手な方も小さいお子さんから大人まで楽しむことのできる臨床美術独自のアートプログラムで脳も心もいきいきとしてみませんか。

QRコード
QR